ストレス解消方法に|自分で簡単にできるセルフメンタルケアとして有効

ストレス解消方法に

ハートと聴診器

自分で出来るメリット

気分が落ち込んだままの状態が続き、なにをするにしても集中出来なくなってしまったとか、テレビの娯楽番組を見ていても全然楽しくない、更には好きだった音楽にも興味を示すことがなくなったなどの場合では、うつ病の心配が出て来ています。これらの症状が長く続くと生活にも悪い影響が出るようになってしまうことから、出来るだけ早く病院へ行き医師に相談することが良い方法となります。ですが精神的な不安から病院へは行きたがらない場合も多く、家族や周囲の人の配慮が必要になって来ることになります。あまり急がすことも本人のためにはならず、だからと言って放っておくことにもなりません。そんな時には、うつ病のチェックシートに照らし合わせ、本人も納得させることが良い方法になります。このチェックシートはパソコンで簡単に検索出来ますので、家族や周囲の人も一緒に行うことが出来る便利なものとなっています。チェックシートで軽いうつと診断された時には、自分でも解決出来る方法があり、それがバタフライハグと言われるものです。ネガティブなことを考えながら両腕を胸の前でクロスさせ、20秒から数分ほど左右の肩を交互にたたき、その後深呼吸をすると言う方法を繰り返し行うものです。バタフライハグを幾度か行ったことで、ネガティブな気持ちが消えて行くと言う手軽な方法となっています。

自分でうつ病になってしまったかなと思えても、病院へ行き勇気はなかなか持てないと言うのも本音のことではないでしょうか。精神疾患と世間の人から見られることにどうしても、抵抗を感じてしまうのは仕方のないことと思えます。ですが病院を避ける気持ちがあると言うことは、まだまだ症状が軽いと言うことの証にもなるはずです。重い症状になってしまっていては家族や周囲の人たちが心配して、黙っていると言うことにはならないからです。そんな症状が軽いうちに治す方法として、バタフライハグがあります。自分の両腕を交差させて自分を抱く仕草を用いる行為で、交差させた腕が蝶々のように見えることから、バタフライハグと呼ばれるようになりました。自分で行う行為で簡単に出来ることから、今人気の治療方法とされるまでになりました。インターネットの発達や人間関係の難しさなどから、ストレスを抱える人が多くなった時代にマッチした治療方法と注目を浴びるまでになっています。誰もがいつでも行えることの出来るストレス解消方法であることや、病院行く必要がないと言うことが軽度とされるうつの人には最適な治療方法にもなっているのが現状と言って良いのでしょう。辛いことがあったとか、精神的に悩みを持った時にはこのバタフライハグを試してみてはいかがでしょう。