ストレスを自分で解消する|自分で簡単にできるセルフメンタルケアとして有効

ストレスを自分で解消する

男性

意外と簡単な方法で行える

心に病を持つ人が非常に多くなっていると言われます。また対人関係が難しくなったことや、自分自身の仕事が忙しいことから周囲への配慮が出来なくなったことなど、その理由は様々と考えられます。更には夫婦間であるとか、嫁姑間にも隙間風が吹くなど、心に悩みと闇を抱える人が増えている事実も見られます。悩みの程度が軽い時には、夫や友人などへの愚痴等で終わることも考えられますが、悩みごとに対し誰にも相談出来ないとなった時には症状がもっと悪くなってしまう恐れも出て来てしまいます。精神的な悩みを持つ人には、周囲の人が気を使ってしまうこともあり、理解がされにくいことや偏見を持たれることになりかねません。しかし病院へ行くにも相当な勇気がいるのも事実で、更に一人悩むことになってしまうことが多くなります。そんな時、自分でも悩みを解消出来る方法があり、それがバタフライハグと言われるものになります。このバタフライハグは、うつ病の治療にも行われることがあるほどの効果が期待出来るものです。そしてやり方は非常に簡単なもので、誰でもどこでも出来ることから、たくさんの人が行う治療方法になって来ました。腕を胸の前でクロスさせて、左右の肩を交互にたたくだけで良いと言う方法で、約2分程度の時間で済むことになります。これを続けることで、癒されることになり、心の病への効果も期待出来るものとなっています。

精神的に悩みを持つ人の解消方法とされるのがバタフライハグですが、簡単に行うことが出来る上に効果抜群とも言われています。この方法は両手を腕の前でクロスさせ両肩におき、その後交互に肩をたたくと言う方法です。所要時間は数十秒と言う人がいれば、数分と言う人もいますが、あまり短くても長くても良いと言う訳ではなく、心が落ち着いた時にはやめてよいと考えて良いと思われます。このバタフライハグ効果がより多く表れるのが、ストレスを多く抱えた人と言われます。人間関係や仕事上のことでストレスを抱える人が多くみられる時代ですが、病院へ行く前にバタフライハグを行うことで、うつ病予防にも繋がると言われます。また精神科や心療内科においても、このバタフライハグを治療に使う所も多くなって来ています。自分で自分を抱きしめるこの方法は、予防効果も十分にあると言うことから病院などの治療にも利用されるようになりました。最近日本国内では異常気象から、大雨被害が多くなり住宅を失ってしまうなどの被害がみられることが多くなっています。被害に遭った人たちも、精神的な悩みを多く抱えることになることから、このバタフライハグを積極的に行う人も増えて来ています。大きなストレスを抱えてしまった時にネガティブな思考になりやすくなるのですが、この方法を用いてポジティブな思考から気持ちを正常にする働きも出来る最良の方法だからです。